2013年7月10日 雨にけむる藻岩山

今日は東日本や西日本では猛暑だったようですが、

こちら北海道では雨模様でした。

画像


写真は、雨にけむる藻岩山です。

ではまたです。hand

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年07月16日 19:44
下記文章の拡散をお願いします。

 不正選挙実行犯の方々へ

 あなた方(不正選挙実行犯の方々)は、確実に殺されます。なぜなら、不正選挙の秘密を知っているからです。
 誰に殺されるというのでしょうか?それは、不正選挙命令者にです。
 どんな理由で殺されるというのでしょうか?それは、不正選挙の秘密が暴かれることを恐れて、不正選挙命令者が口封じの必要性を感じるからです。

 選挙不正の実行を依頼されたなら、自分の命を保障してもらえるのかどうか三回以上質問してみてください。その質問に対して完全に納得できる回答が得られなかった場合、あなたは自分で自分の命を守るしか方法はありません。自分の命より報酬の方が欲しいという方は別ですが、今まで一度も命を狙われなかったとしても安心はできません。これが最後の選挙不正の依頼だった場合には、不正選挙命令者は報酬を支払わずあなたを殺すことによって経費削減と秘密隠蔽の両方をするかもしれません。

 このような場合でも延命方法はあります。参考にしてください。

オルロフ
http://www.youtube.com/watch?v=KyfGTcMufHM&t=14s
ベンジャミン・フルフォード
http://www.youtube.com/watch?v=VIrP1jO2pfI&t=343s
リチャード・コシミズ
http://www.youtube.com/watch?v=1ESMKwkRC7E

つまり、

①不正選挙を明らかにできる証拠を密かに確保する。
②その証拠を昔の友人などに渡し、自分が死亡したら即座に大々的に公開してもらう約束をする。
③不正選挙命令者に、『もし、私を殺せば不正選挙の証拠がばら撒かれるようにしてあります。』と伝える。